2012年4月21日土曜日

真実のパートナーに出会うには?



さて、お待ちかね?の ソウルメイトに関連したセミナーを開催します。
※ 日程や会場などの詳細は、こちらの記事の最後にあります(^_^)


2012年は愛の年になると以前に書いたことがありますが、その理由は 次元上昇(アセンション)にあたって、愛の感覚に変化が生じるからです。


特に パートナーへの愛…

恋人と呼ぶのか、ソウルメイトと呼ぶのか、双子の炎と呼ぶのか… それは皆さんのお好きな呼び方で良いと思いますが、自分ではない特定の相手に対する愛を指します


私は、これまでに沢山の方々の恋愛経験をヒーリングさせていただき、何ともいえぬドロドロしたドラマから、さらっとしたほろ苦い恋の話まで・・・ そのクライアントさん、その状況に応じた創造主のメッセージを伝えてきました


もちろん、私自身が経験した恋愛ドラマの過程で創造主がもたらしてくれたメッセージでも、沢山の学びをもらいました。(私の魂、顕在意識も???、 とかく恋愛ドラマは好きだったようで、振り返ると なんだかずいぶんと色んな経験をしてきた気がします。ネタとしては最適ですが・・・まぁ、あまり笑えない出来事も多くありました)








そんな中で、創造主がいつも決まって伝えてくることがありました




「あなたは、彼(女)を愛しているのですか?」

或いは


「あなたは、誰を愛しているのですか?」

或いは


「あなたは本当にパートナーが欲しいと思っているのですか?」



3次元における恋愛は、基本的には愛を学ぶためにあります。

自分や相手に複数の愛人がいる、相手に家族がいる、暴力を振るわれる、コミュニケーションがない、恋愛ができない、セックスの問題・・・ 軽いものから重いものまで・・・どのようなものでも ご本人にとっては深刻なのだとは思うのですが、創造主の観点からみると、いつも 「そこから得た学び」というものに辿り着きます。


そして、パートナーとの恋愛から得る学びの終着点は、「確信できること」 なんです。



3次元を超えると何が起こるかというと、相手が自分のことを愛してくれているのか?など全く気にならなくなります。その理由は、それに確認が持てているから。


相手が自分の鏡であり、自分の一部であるということが「わかる」からです。マイケル・ジャクソンの "You're just another part of me"という歌詞が浮かんできてしまうのは私だけ??


もともと、相手と自分は同じ存在である。
相手は自分の鏡であり、同じ心臓の鼓動で動き、そして同じペースで歩き、そしてDNAそのものは異なっても、魂の息遣いは同じです。


それが「わかる」のだったら、愛にまつわる不安など吹き飛んでしまいます。
(そもそも、3次元を超えると不安や恐れからは解放され、「常識」というものからも解放されるので、当たり前といえば当たり前ですが・・・)


アセンションに向かう人は、おそらく最後に このパートナーに対する「信じる」という気持ちを何度も何度も試される事でしょう。そして、自分の相手は誰なのだろうということにも、頭を悩ませるかもしれません


そして、創造主からのメッセージは・・・





「あなたは、彼(女)を愛しているのですか?」

   → 愛しているのであれば愛し続けなさい


「あなたは、誰を愛しているのですか?」

   → その人を愛することから逃げてはいけません


「あなたは本当にパートナーが欲しいと思っているのですか?」

   → 真に求めないと現れません





如何でしょうか?

愛とは、あまりにもシンプル。それを難しく、複雑にして苦しんでいるのが、3次元に住む我々ではないかと思うのです・・・




ではでは、ソウルメイトに関するセミナーは、以下の日程で開催します:

*************************

【日程】5月13日(日



【場所】  mew's cafe 表参道 (地図

【定員】15

【料金】30,000 円

【参加資格】 上記の内容にピンとくる方々☆

【お申込み方法】
「Divine Soul Mate 参加希望」とタイトルに明記の上、makeyourlifetaste@gmail.com へ ① お名前、② メールアドレス、③ 当日に連絡がつく電話番号 をお知らせ下さい





0 件のコメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました