2012年3月19日月曜日

「何かを決める」必要がある時・・・


【3月限定の卒業リーディングは終了させていただきました☆ 沢山のお問い合わせ、ありがとうございました☆】


卒業シーズンも、そろそろ終わりでしょうか
そして、4月からまた 新しい年度が始まりますね




私は、昨日 終了したシータヒーリングの基礎コースで、このセミナーを教えるのは終了となりました。これまでに、沢山の皆さんが基礎コースを受講され、そして変容されていきました。


どのようなものでも、習うよりも教える時の方が学びが深い。
参加いただいた皆さんから受け取った 深いエッセンスは、今でも私の宝物です。ありがとうございました☆



さて、今回は「卒業」というものをテーマに・・・


2012年3月15日木曜日

「上から目線」の意味とは?

暖かくなってきましたね☆


春になると、自然界に限らず、様々な芽吹きを見ることができるようになります。
そして冬に眠って停滞していたエネルギーが吹きだし始める。卒業シーズンが春にあるというのは、なかなか良いなと思います (^_^) 


春はデトックスに最適なシーズンですから、ヒーラーの間では クレンジングが流行ります。
シータヒーリングでは、寄生虫の話が多いため、最近はパラサイトクレンジングの話題を頻繁に聞きますね・・・。



さて、今回のテーマは「上から目線」です。



皆さんは、ご自身が上から目線であるという自覚がありますか?


私は、生まれつきそうなのか・・・或いは、ずっと弱肉強食の世界で生きて戦ってきたせいか (^_^;)
ずっと、この態度とは隣合わせで来た気がします。


威張る、自分の方が上だという態度をとる、人に対して問題を指摘する・・・ そういうエネルギーは、実際に表に出す、出さないは別としても人間であれば誰にでも存在する。


最も典型的なのは、疲れたサラリーマンがお酒を飲みながら上司を評価するような場面とか・・・或いは、お茶をしながら、「あの人ってこうだから・・・」という話をする女性たちのような?


上から目線で何かを相手から言われたり、そういう態度で接されると、「カチン」とくるもの。特に、自分自身が自分よりも「劣っている」と評価する相手からだとなおさらイライラ感が高まります。


でも、この「上から目線」・・・


人には必要なものだと思うのです。

2012年3月8日木曜日

私の幸せはどこにあるのだろう?

昨年から、超感覚解剖学のコースを教え始めてきているせいか、スピリチャルという道には一定程度の経験を積んできている方々のインストラクターをする機会が増えました


自分自身を含め、長く こういったことをやっていると、原点というものに帰ることが重要になりますよね。その原点はいつもゆるがず、私たちを包みこんでくれます☆








スピリチャルな道を志す者は、どこかでより成長したい、より自分自身の輝きを高めたい、他人に対する愛を高めていきたいと思っているに違いありません。


基本的には、愛が深まれば深まるほど、人生の充実度が増していくものですから、それらに対する理解を深めていくこと自体は良いことだと思います。



・・・でも。



その愛をシンプルに実践するということよりも、


何かつかみたい漠然とした幸せを追い求めて・・・

クリアリングというものが済んだらそれが手に入ると信じ込み、

日々を漠然とクリアリングし続けって過ごす


みたいなことになっていることが多い気がするのです。



何を隠そう私自身がそうなっていたのですけれど (^_^;)



確かに、クリアリングを続ければ何かが抜けって行くことは間違いありません。

しかし、クリアリングってお掃除ですから、要らないものは出て言ってくれても、新たな何かを満たしていくことにはならない。



これって、やりすぎると ヒーリングクライシス(好転反応) というものを引き起こします。

何でも、やりすぎというのは良くないものです。(どんなにそれが垢であったとしても、これまでの自分を守るために持ってきたものです。それを自分で無理やりはがそうとしたら、おかしなことになるに決まっていますよね)



人間は、ある日 突然 生まれ変わったりなんかしません。

傍目には奇跡に見えたとしても、それまでに ゆるやかに素敵な変化が起こっている。ただ見えていないだけ。



それを急ぐのは、不安があるから・・・。



あなたは、どうして幸せになりたいのですか?


あなたの幸せってどういうもの?


どうなったら幸せと言えるの?


そういう時に、どういう感じがするの?どういう感情を味わっているの?


じゃあ、その幸せな感覚と、「今」一緒にいる努力をあなたはしているの?




ってことなんです。


イタリアに行きたいのだったら、美味しいエスプレッソを日本で飲むことはできる。

素敵な恋人と一緒にいたいんだったら、その時のことを想像しながら、ゆっとり妄想したっていい。



その雰囲気を味わい、幸せな気分に浸ることなんていくらでもできるものです。
(そうすうることで、エネルギーの変化が起こることも間違いありません)



「○○したら、私はこれが手に入る」



っていう発想。


そろそろやめませんか?




幸せはいま、ここにあるものです。
条件つきでしか、自分にそれを与えられないというのは、あまりにも自分が可哀そうですよね。
このガジェットでエラーが発生しました