2011年11月30日水曜日

エゴという存在について

超感覚解剖学の15日間を終え、2週間ほどが経とうとしています。

参加してくださった皆さん、
モニターやアシストで来て下さった皆さんには本当に感謝です。


私自身にとっては、3週目が最も 興味深かった・・・
 (目、耳、脳など≒ 真実をわかること について学びます)

この現実の世界、目に見えない世界、宇宙、神、様々な存在と私たちとの関係性について、新しい視点を得ることができたから??かなぁと思ったりしております・・・


そして地球に肉体を持って私たちが「存在」することの意味をより深く学べた気がします。
教えることって、本当に最高の学びですよね!



さてさて、今回のテーマは、「エゴ」についてです。





この世界では、エゴという存在が 厄介物扱いされていることも多い気がします


「それは、あなたのエゴでしょ?」

「彼(女)は、エゴイストだから・・・」


みたいな言葉の使い方にもあるけれど、ちょっとマイナスっぽい?感じ もするのかな。


2011年11月12日土曜日

視点を変えるということ・・・

11月11日の満月も過ぎて・・・

ちょうど、昨日が超感覚解剖学の10日目でした。あと5日間。
これだけの間、共に過ごした受講生の皆さんの絆は表現できないものになってきています。

私も、始めて教えるアナトミーなので、本当に感慨深いです。
全ては、創造主が教えているというのも、とても納得する今日この頃☆


そして、ちょうど 10日目は神経について学ぶ日でした。
(このコースは、1日ごとに身体の部位と そのスピリチャルな意味について学びます)

神経のテーマは、「観点」です。


楽しい1日を終えて、なんとなく お休みの今日・・・。
ふと、ずっと棚の奥の方にしまってあった自分の一眼レフを思い出した。


このガジェットでエラーが発生しました