2011年10月24日月曜日

私たちの肉体という奇跡

ふと気付いたら、1カ月 近くもブログをサボっていたようです。あまりご無沙汰をしている感じがないのは、不思議ですね。


私は、来週の月曜日(10月31日)から、シータヒーリングの超感覚的解剖学 というコースを教えることになります。3週間という長いコース・・・私たちの肉体というものに丁寧に向き合っていくので、それをナビゲートする立場として「肉体」の意味をより深く理解しておきたいと願ううち、なんだか壮大なものに行きついたため・・・ (笑)


それをこちらにご紹介しておこうと思いました。





少し前の話になるのですが、

私の父は 肺癌で ちょうど1年ほど前に 右の肺を切り取っています。

ある意味、肉体としては完全ではない状態でいる訳ですが・・・

父に対するヒーリングをする中で、健康な人間と比較すると不完全と思える肺でも、父の肉体は「完全」である…というダウンロードが創造主からもたらされていた。


ピンとこない方もいるかもしれませんが、これまで自分の身体にあったものが、無くなるというのは大きな事です。乳がんの患者さんもそうですよね。女性にとって乳房がなくなるというのは、とても大きなこと。


でも、やはりその状態でも、その人物の肉体は


このガジェットでエラーが発生しました