2011年9月30日金曜日

親子丼がしゃべり出した事件

最近、巷で食の安全とか・・・

いろんなことが言われていますが、

皆さんは普段 どんなものを食べていますか?




食べものという意味では、私は いろんなプロセスを辿ってきました。

今では、なんでも食べる人になりました。
スピリチャルやっている方は、ベジタリアンの人とか、オーガニックなものにこだわる人も多いですし、私もそういう時がありましたが、今では ジャンクフードもお酒もなんでも食いますっ (雑食)


ここに至るまでは、けっこう紆余曲折があったのですが、

食べものがどういうものなのか?

その意味が心から理解できるようになった気がしています。


昔、昔のお話を振り返ると、


豊かさ=食べものに困らない



って感じでしたよね。

今の私たちからすると、それって当たり前だけど。




そして、よくよく考えると、


私たちの口から入ってきた食べものが、いろんな過程を経て

私たちの身体の一部になってくるわけです。

それって、すんげーーーーーーーーー!! ことですよね。


かぼちゃを食べたら、

少し経つと

それが知らない間に、自分の身体を巡っている・・・みたいなwww





霊能力者として、或いはサイキックとして生きていると、色んなものが見えます。

お肉を食べない方が、

そういった能力は高まるとも言われているし、ある意味実際そうだとも思う。


マクロビなどに代表されるように、
身体を良い状態で維持するための食事の考え方も、広がってきています。



ちょうど一年くらい前、私はお肉が食べられなくなりました。

食べものを口に含むと
その食べものがどのように作られ、ここまで来たのかが全て視えてしまってたんです・・・


料理している人がどんな気持ちで料理していたkとか

野菜なら、その収穫の時とか。

お魚なら、それが採れた時のシーンとか。

お肉だったら、牛さんなどが 殺されるシーン・・・とか


どうしても、このお肉が駄目だった。

死が差し迫ったエネルギーと、動物たちの目、血の海とか


わーっ!


と迫ってくる。とても耐えがたい・・・


ある時、

鶏肉を食べたときに
なぜかクチバシのない 鶏が見えたことがあるのですが、


それは、ブロイラーで育っている鶏の場合は、ストレスでお互いをつついてしまうので、傷がつかないようにクチバシをとってしまうそうです。


・・・あ、ありえん



というわけで、お肉は遠慮させていただいておりました、はい。



でも、ある日。

身体にタンパク質が足りないって感じがしてきたので、創造主に聞いたら

「お肉を食べなさい」

と言われたんです。


まじでー!?!?!?


と思い、親子丼を食べにいきました。



すると・・・

急に お肉がしゃべりだしたんです。



「僕たちはね、もともと 人に食べられることを選んでいたんだよ。だから大丈夫なの。美味しく食べて下さい♪」




・・・・。


なんだか、涙が出た。

独り 親子丼を食いながら、泣く女・・・っていうのも

傍から見ると、相当 ヤヴァイ感じですがwww



でも、私は 親子丼に教えてもらったんです。


食べものって、私たちに食べられることを

選んで来てくれているから、

来てくれたものに感謝して、有難くいただくのが一番いい。



あれが身体に悪いとか、それのほうがいいとか・・・

食べものを評価しランク付けしている方が、よっぽど健康に悪いと思う



「いただきます」





という言葉って、英語には訳せない。


日本ならではの、この言葉を大切にしたいと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿