2011年9月22日木曜日

あなたは「神」を信じますか?

今日の東京は驚くほど天気が大荒れでしたが…。
なんだか、本当に沢山のものを風が吹き飛ばしてくれて、雨が沢山のものを浄化してくれた良い日でした。

やっと、私は落ち着いて空をみることができた感じがします。
今は、星がとっても綺麗です (^_^)




さて。

ちょっと宗教的ですけど、今回は


神 


という存在についてです。


皆さんは、神様っていると思いますか?



シータヒーリングを学ぶ時。

万物の存在の根源である「創造主」につながるエクササイズから初日が始まります。
なので、当然のことながら 神なるものの存在を信じることになります。

創造主からメッセージをもらう

創造主に癒される・・・


信じていないとできないことばかり



神といっても、いろんな定義がありますが、そういった存在を信じるかどうか・・・






以前にインドに行った時、現地の人に


「小島さんは、どの神を信じているのですか?」


って聞かれて、あぁ~、インドらしい質問だなって思ったことがあります
インドでは本当に沢山の神々がいます・・・


質問の主は、ガネーシャを信じていた。

彼は、毎朝ガネーシャの寺院でお祈りをしてから出勤するという生活をしていました。
(私も、連れて行ってもらいました☆ )


日本人も、いわゆる、八百万の神という形での信仰がありますよね。

日本とインドは色んなことがとっても似ている・・・。
そのことについても、機会があれば いつか書いてみたいと思います。



さてさて。

私が、この世界に入る前に信じていたこと。

それは、


「理論」「効率性」「パフォーマンス」

というようなものでした。


これはこれで1つの宗教なんじゃないかな?

それを信じている。
仕事の全ては、論理的か?効率的に行えるものか?高いパフォーマンスが発揮できているのか?

という揺るがぬ土台の上に成り立っていました。


だから、「信じているもの」が自分の行動を司るし、

これを持っていたから

私はいつも安心だった (今になってわかるけど・・・)





高いパフォーマンスが発揮できていないことは、
あり得ないことだったのを覚えています。



シータヒーリングを始めてからは、この「信じているもの」がガラリと変わりました。

だから、自然に行動も変わった。


私の行動の軸が、神である創造主と、無条件の愛のエネルギーに変わった。


それが良いことか、悪いことか・・・

ということは、私には関係ない

他人がどう評価しようが、それも関係ない





・・・その理由は・・・・


今、私は心から満足しているから。


創造主につながっている時に感じられる
本当に穏やかな・・・ 何とも言えない心地よさ。

それは、
つい数年前に信じていた

「高いパフォーマンスを追求すべき」とか、

「価値を如何に出すべきか?」


という命題なんて、どうでも良いと思えるほどの素晴らしいものだったのです。



だから、「神」という存在は、

私にとっては全ての行動の根幹となり、

本当に驚くべき安心感を与えてくれます



いつも神という存在に守られている

安心であるという感覚の中で生きられる



私の本質は変わっていないし、

相変わらず攻撃的だし (だって好きなんだもの)

怒る時もあれば、泣く時もある


でも、揺るがぬ安心感があるからこそ、

どんなに恐ろしいリスクにも、確信をもって飛び込んでいくことができる



そんな風になった気がします。



皆さんは、信じるものがありますか?


別にそれが神である必要はない。

人でもいいし。自分でもいい。

自分が存在する組織でもいい。


なんでもいいと思う。


何かを信じているということって、強さを生むと思うから


信じてみませんか?



心から信じること。


それができているときの安心感はやめられません☆

0 件のコメント:

コメントを投稿