2011年1月15日土曜日

悪魔退治をするためには?

新年のサイキックリーディング、沢山の方々にお申込みを頂きました☆
ありがとうございました。2011年は、誰にとっても大きな年になりそうですね!

さて、2011年 2回目のブログ記事…は、ズバリ

 「悪魔退治」 ですっ






シータヒーリングをはじめてから、私は 常に 悪魔の存在に悩まされてきました。

以前にも、悪魔との関わりについては書いたことがありますが、


もうちょっと、学んだことを皆さんと共有したいと思います





悪魔に限らず、世の中の観点からすると「悪い」とされるスピリットとつながりを持つ人はいるものです。

私も、まさにそ悪魔との関わりが深い人間の1人。


そして、悪魔との契約を持っているということに罪悪感を覚え、

いつも私と一緒に過ごしていた悪魔ちゃんのルシファ― を追い払うべきなのか・・・?


考えあぐねて悩みました。



皆さんは、「悪魔」と聞くと 何を思いますか?

悪いものは、退治すべきだと思いますか?

そりゃそうかもしれません。

・・・でも。




善とは? 
悪とは?


正義って言うけれど、それって…


何なのでしょうか?





本当にわかっている人、
言える人は少ないのではないかと思うのです。



悪魔たちは、実はとても賢い。


私の経験上、人から彼らを追い払おうとすると、悪魔たちは 一度 居なくなるフリをします。


そして、戻ってくるのです・・・。



シータヒーリングでは、こういったスピリットと対応する時、
彼らを光のもとに返すというやり方を教わります。


ただ、私の場合は、私の魂のどこかで 悪魔とのつながりを断ちたい
とは思っていなかったのだと思う。

だから、戻ってくるのです。


これって、どんなものにも言える気がします…



人とのつながり。

組織とのつながり。

ある、場所とのつながり。


辛い、苦しい思いをしたから
それと「さようなら」を決断することってありますよね。


決めようとして、前進しようとするけど、でもできない。

それで、自分をいくじなしとか、根性がないとか・・・

そう考えることもできるけど、

本当に、そのつながりを「断ちたい」と思っているでしょうか?


って考えてみてもいい気がするのです。





思っていなければ、断てません・・・







そう。本当は、その絆を大切にしている。


そういうこともあるんだって、私はルシファ―に教えてもらいました。


以前に、夢にイエスが現れたことを書きましたが、

イエスは、そういった波動の低いスピリットと対応する時の、

シータヒーリングとは異なる方法を教えてくださいました。



"Integrate the spirit with the sacred heart" 
 (そのスピリットを聖心と統合しなさい)



ハートと統合するということ。

自分の感情を司るハートとの統合…!?

大事な大事なハートと、そのスピリットを溶かして統合する。

ええ!?って思うかもしれないけど。




そうなんです。私も、聞いて とても理にかなっていると思った。


だって、どんなものであったとしても、
それは、あなたにとって何かの役割を果たしていたのでしょう?


だから、
それを「退治」するというのは、自分の一部を傷つけるのと同じ。

その存在に感謝することのほうが、よっぽど良い気がします。




悪魔たちの味方をするつもりはないけれど、

私たち人間が

持っている「悪魔」に対する概念というのは、

あまりにも短絡的である気がしてなりません…。



だから、解除や浄化に失敗するのだと思う。

一元的な観点で人や、ものやスピリットを「評価」して
何かにあたろうとすると、やっぱり駄目ですね…。



だから、私自身は

悪魔を「退治」し、悪いスピリットをこの世から排除することを目的とするのではなく、


創造主に教えてもらったように、

この世で最強な武器である「愛」を持って対応したい。



悪魔たちが存在することに感謝し、

統合することによって浄化していくこと。





「評価すること」

「退治しようとすること」



これでは、うまく行かない。


たぶん、何にも通用することじゃないかな?

0 件のコメント:

コメントを投稿

このガジェットでエラーが発生しました