2011年1月6日木曜日

「感謝」すれば幸せになれる☆

皆さん、

明けましておめでとうございます!!

2011年、お仕事を始めた方も多いことと思います。
私は北海道で年始を過ごし、3日から皆さんのサイキックリーディングの開始☆

楽しい2011年になる方が多そうで嬉しい限りです


さて、2011年最初のブログは、
北海道で3日間を一緒に過ごした私の祖母について、ちょっと書いてみたいと思います。



この人です。今年94歳になります☆



実は、このおばあちゃんと私は、ちょっとご無沙汰でした。

もう、なかなか歩くのも一苦労なので、北海道から東京に来ることも難しく、妹の結婚式にも出席することを諦めた感じでした。




いつも 年末年始は 父親がおばあちゃんと過ごす、

というのがお決まりのコースだったのですが、

さすがに肺癌が治ったばかりの身体で北海道・・・というのも心配だということで、

私が代わりに行くことになったのです。


実は、おばあちゃんと2人だけで過ごすのって、あまりない機会でした。
どうなるのかな・・・と思っていたのですが、驚くほど学ぶことが多い、素敵な時間になりました。


以前の感じとはけっこう変わっていたな。

なんか、悟った感じの雰囲気もあったけど。


このおばあちゃんは、私と血のつながりはありません。

父の母にあたる、私の祖母は父が小学校のころに亡くなりました。その後妻で来られた方です。


でも、なんとなく親近感があるのは、きっとキャリアウーマンだったからだと思います。

ずっと学校の先生をやっていて。
父の家に来たのは、今の私と同じ36歳の時だったそうです。今考えると、あまり普通の女性の人生ではありませんよね。。。



昔の話をいろいろ聞きながら、過ごした日々。


その中で、彼女から良く聞いた言葉がありました。
それは、



「ありがたい・・・」




何度も、何度も繰り返していました。


私が、

歩くのを手伝う時、
部屋のドアを押さえる時、
飲み物をとってあげる時、


そういう時だけでなくても、


昔の話をするときも、

私の父や母の話をするときも、

昔の家族やいろんなこと。



「ありがたい・・・」


「ありがたい・・・」



って。




なんか、そんな言葉をずっと聞いていると、

何かしてあげたくなる。
頼まれたことが億劫ではなくなるのです。

できるだけ快適に過ごしてもらえるように、どうしたらいいかなって自然に気が回るようになる。
それも、義務感にかられながらではなく、心から。



人って、「ありがとう」という言葉に触れ続けていると、
なぜか自分も心が解放されていく・・・。


ヒーラーとして活用する自分は、そうしてあげることに慣れていますが、

「ありがとう」の言葉のシャワーを浴びることの心地よさを改めて味わう、
素敵な時間でした。



これって、引き寄せですよね。


やってもらって当たり前って思うのではなくて。

ありがとう、っていう感謝の気持ちがあると

周りは、もっとやってあげたい・・・って思うんだなぁ・・・って。



感謝すれば、幸せになれるんですね ☆




そして、なぜか アイスクリームが大好きなこのおばあちゃんは、

極寒の北海道で コーヒーフロートを頼む… 

普段入っている老人ホームでは、出てこないので、この機会に!!!
という感じだったのでしょう。



・・・それって、身体を冷やすから良くないのでは (汗

って思うけど、普段から好きで食べているみたい。


でも、93歳まで生きているのだったら、それが身体に悪いとか、何の説得力もありませんよね (笑。



やっぱり、好きなものは食べたほうがいいみたいです。



それでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします☆

皆さんの、2011年が素敵な年になりますように!




0 件のコメント:

コメントを投稿