2010年12月24日金曜日

☆イエスがくれたメッセージ☆

今日は、クリスマス・イブ!

私は、今シータヒーリングの基礎DNAコースを教えに松山に来ています。
松山の天気はとてもいいです♪
今夜のサンタクロースは、仕事はしやすそうですね~☆

皆さんはクリスマスをどのように過ごすのでしょう。
日本では、なんとなく恋人と過ごす?というのが慣わしとなっていますが、それに従うのも良いですし、自分が最も満足できる方法で素敵に過ごすのがいいですよね。





さて、クリスマスといえば???


サンタクロース!!!


という人もいるかもしれないけど、やっぱりイエス・キリストですよね。


どこまでいっても イエスの存在は私の中で大きい。
私はキリスト教徒ではありませんし、教会に通うこともありません。でも、やっぱり自分の心に中には彼の存在があるのですね・・・うまく表現できないけど・・・


昨年の2009年秋、シンガポールでの出来事。

あるヒーラーさんを訪ねたとき。 彼女の部屋に飾ってあったイエスの肖像画と目があって・・・ 何があったのかわかりませんでしたが、足が震えて涙が止まらなくなったのを強烈に覚えています


既に、その時から何かが始まっていたのかもしれません



そしてあれから1年。
先日、瞑想をしていたら、



 イエスが現れたのです・・・(汗



イエスの慈愛に満ちたエネルギーは、
心の奥底にあった固いものが ゆっくり解けていくような・・・ 素晴らしいものがあります


が、正直、「げげっ」と思いました。
あまり慣れない強烈な光が見えてきた・・・
これは、いつもと様子が違うぞ。

・・・いったい何が起こるんだろう!?!?!?’#$%”#’($&%(’%&」


という感じで。

まさか、自分のところに こんな存在が降りてくるなんて夢にも思わないですからね。
来るところ、間違ったんじゃないの!?って思いました(笑



でも、その時に いくつか私が捜し求めていたものの答えを下さった気がします。
今でも、その内容は租借できていないし、自分にはその荷が重いっていう気持ちのほうがずっと強いですが・・・。


イエスが私に教えてくれたものは、
この世に存在する「闇」というものへの対処方法でした。




世の中には、波動の低いスピリットというものが存在する。
そのエネルギーの強さは、ものによっては半端ではありません。そして、そういった霊的存在にコントロールされている人を解放するという作業も、ヒーラーの役割ではあります。

しかし時にこれらの作業は、ヒーラー側に大きな負担が生じることがあります。



なぜか?






それは、私達ヒーラー側に



それを退治するぞ!



という無意味な意気込み、あるいは力みがあるからなのです。



私は、ある障害に直面し、
「自分は戦うべきなのだろうか?」と悩んだときに、創造主から「あなたの最も強い武器は愛です」と言われたことがありました。それで、どれだけ救われたか、わかりませんが・・・ (この話は、また今度)


イエスは、私自身が最も納得する、闇のエネルギーと光のエネルギーを統合する方法を教えてくださいました。そして、こういったことを突き詰めていくことが、私自身、生まれる前に決めてきたことなのだと・・・。



正直、耳をふさぎたかったですねぇ・・・


だって、そんな一番重そうな任務を、私が引き受けるんですか?って。
ヒーラーとして活動するとき、どういうお客さんを私は相手にしたいだろう。いや、そういうへヴィーなものは、ちょっと別のヒーラーさんにお願いして・・・できれば、私は楽しく、ワクワクするようなことだけにフォーカスしたいわ~☆


なんて言っていたこともある。



でも・・・ふと思い出した



始めてシータヒーリングを体験し、自分のサイキック能力を伸ばそうと頑張る受講生たちに、私はヴァイアナのこんな言葉を伝えていた



”It's a piece of Cake”

「それって、たやすいことよ」



簡単に、楽にできるものなのよ・・・って。それって、



小島美佳さん、



あんたにも言えることでは・・・?!?




う・・・


そうだよねぇ。



いや、そうなんだよ。わかってるんだけどね (汗



そんなこんなで、うだうだと悩んでいるうちに、クリスマスが来てしまいました。。。(笑



できれば、もう少し後に現れてほしかった・・・とも思ったりするけど、きっとそれも最高最善なんだろう。誰かがやってくれるだろう、っていうので自分が満足するわけもない。


どこから始めるのかもわからないけど、きっと始めるんだろうと思います。闇と光が統合された世界というのは、おそらくパラダイスに違いないから。


Merry Christmas!

0 件のコメント:

コメントを投稿