2010年10月22日金曜日

最も効率的な”手放し方”

人生において、何かを手放す って大切なことですよね。



  • 過去の出来事に対する後悔
  • 現在の誰かに対する罪悪感
  • 自分ではコントロールできないことに対する怒り
  • 未来に起こるかもしれない出来事に対する不安

自分にとって最高で最善を生まない感情や考え方を持ち続けていることに意味はない。だから、それを手放すことで、新しいエネルギーが入ってくるスペースを確保しよう。


シータヒーリングでも、そういった思考パターンの置き換えは頻繁に行っていきます。


でも、手放す・・・っていうこと。
そう簡単ではない。だから、みんな 苦労している。



私は、はじめて サイキックリーディングを受けたとき、

「君は、何か不必要だと思うことがあると、躊躇なくそれを手放す勇気を持っている」って言われました。確かに何かが 機能していないと思うと、その考え方を「えいっ」と手放すことは、やりやすいかもしれない。(ある意味、冷たいのか・・・?と思ったこともあるけど)



人とのお別れも慣れていた。
小さいころに、転校が多かったのもあるのかもしれない。ある種の「割り切り」というものを知っていた気がします。



・・・だから、その時期がくると、さっさと手放したいという衝動に駆られることが多かったです。




でもね、手放すプロセスって、

急がないっていうのも大切なのよね。


私は、ある人との関係を断つことを 今年の夏に決めました。

私が人生で望んでいることを手に入れようとすると、どう考えても その人とは交わる部分がない。
寂しい。でも、そうするしかないということを、自分の体でも、魂でも、マインドでも理解している・・・。


だから、その関係を手放すことに、とても執着していた気がします。



楽しかったし、素敵だった時間のほうが多い。
だから、それを手放すというのは辛い
でも、そうしなければならない・・・ それをわかっている。


そうよ!
そうと決まったら、手放すのよ!!!
早く楽になりたい。だから、手放されるためにできる限りのことをするの!!!



みたいな。



思うに、こういった手放すのプロセスを行うとき、一番 最初に切り替わりやすいのが


マインド。


そして、一番 切り替えづらいのが






感情


だと思う。




噴き出した感情を見るのって苦しいです。
だから、できれば感じることなく、前に進んでいきたい気分になる。
でも、それだと またゆり戻しがある。




自分でヒーリングできるから、何度か 解放をやったけど。

どうしても、また戻ってきて、自分の胸を突き刺すような痛みを感じ始める。



そんなときに、お世話になっている方に言われました。

「排除しようとすると、多分うまくいかないでしょうね」

"You don't want to "GET RID OF" it, it will just come back"


そう。その通り。

排除するよりも、その感情をまるごと愛し、それがあったことに感謝し、自分を赦すこと。
もっていたいのであれば、その「もっていたい」という自分を赦すこと。



本当は、決意さえすれば、あとは自然にまかせてもいいくらい。
決意が本物なら、精霊たちが全てやってくれる。
私は、それを忘れていたのかも。


自分の力でやらなくても、助けてくれる自然の力に任せる。


それが、できていると、実は一番早いんだよね。
ついつい忘れがちだけど。



そうそう。自分のペースでやろう。ゆっくりと。

忘れられないなら、それでいい。
赦せないなら、それでもいい。

時期がきたら、それができる筈だから。

0 件のコメント:

コメントを投稿