2010年9月22日水曜日

吸血鬼とゴキブリと私

先日、とある友人がヒーリングを受けに来てくれたときに、


「Mikaちゃんに、なんかこれ必要だと思って…」


って言われてプレゼントしていただいた 本がありました。


"ILLUSIONS"






実は、この本。
日本に戻った頃、授業の課題図書となっていた 洋書だったのを覚えていました。好きで持っていたのに、なぜか読み進めることが出来ず…。ずっと本棚に入っていたのを引っ越しの時に、思い切って捨てたのです。20年間持ち続けていて最後まで読めなかった本…。








それがまた戻ってくるなんて…。
読みなさい、というメッセージ以外のなにものでもないよな って思って。

一気に読みました。日本語訳でしたけど。










人を助けることに疲れてしまった 救世主と、







(自分では気付いていないけど・・・)




これから救世主になる 主人公との対話が続く。


そうそう。そして、出てきた とても印象的なシーン。



吸血鬼



が登場するんです。



吸血鬼は、言います。



「僕は、吸血鬼に生まれたくて生まれた訳ではない。でも、あなたの血がないと生きていけない。だから、少しでいいので吸わせてもらえませんか?」

「そんなことできるわけないだろ! 早くうせろ!!!!」



という会話。



これ。

要は、人を傷つける、傷つけない。っていう話だったんですが。

吸血鬼は、いなくなれ!と言われて傷ついたかもしれない。でも、血を吸わせてくれって言われたほうも、傷つけられることを避けただけです。だって嫌なんだもんね…。


私たちは、人から「
傷つけられた~~~!!!」って思うことがあるかもしれない。






けど、実際には傷つくかどうかって



自分が決めることなんですよ







だから、逆のパターンでも同じ。




人を傷つけることを恐れていては何も始まらない。



そのつもりはなくたって、人は傷つくんだから。
そんなの、いちいちコントロールできるわけないですよね。
人を励ますつもりで行った一言で、相手が妙に傷ついて びっくり・・・ なんてこと、けっこうないですか?



そう。人は傷つくことを選択している。だから、まぁ 要は気にしてもしょうがないんですよ。





・・・


でも、私にはこれの意味がイマイチよくわからん・・・

人を傷つけるのって嫌じゃない?頭ではわかってるけど、やっぱり嫌なもんでしょ・・・



と思っていたら、それを学習させられる機会がやってきました。
別に、わかりたいと思ってなかったんだけど…。創造主の粋な計らい?あるいは、悪戯?



そう。何が起こったかと言うと




台所に、ゴキブリが出現・・・ (汗








うっそ。



私、独り暮らしを始めて 7年以上たつ。

今の場所は、これまでで最も綺麗に保っているよ。
だって、私、ヒーラーだしさ。


人がうちに癒されに来るわけ。
だから、いつも ちゃんと浄化してるし、クリアな状態にすることには気を使ってるのよ。




そ、それが




ゴキブリですって!!!???
ありえーーーーーーーーーーんっ (怒)






ダンスのレッスンに出かけようとしていたときだったので、
怒りに拍車がかかり、爆発☆



てめぇ。絶対にこらしめてやるぜ・・・



と思いながら、創造主にお願いしました。


今すぐ、このゴキブリを私の家から追い出してくださいっっっ


っ。




(なによりも必死にお願いしたかも・・・汗)







そして、ゴキちゃんに向かって 凄い勢いで「いなくなれ」エネルギーを送ってみました。


しかし、ふと  その途中で我に返ったんです。


・・・私、何やってるんだ?
この前、あるレストランで 青虫を発見した時は、「かわいい☆」っていってたくせに、なんでゴキブリだと駄目なんだろうか。それって差別じゃない?・・・



ふむむむむ・・・



そして、ふと ゴキちゃんと話す気持ちになったんです。



そしたら、



「早く出ていくから、許して。そこの窓を開けておいて…そこから出ていくから!!!」



と言われた。



・・・・・。







とりあえず、その窓を開け。

しばらく、暖簾の向こう側から観察 (だって怖いもん)





そうすると、ブーンって飛んで、窓の近くまで行ってくれました。




しかし、ダンスのレッスンの時間が迫るので、できれば、早く



いなくなって欲しいんですけど・・・






すると、上(創造主)からメッセージが来ました。


「このまま出かけなさい。ゴキブリのペースを尊重してあげるのです」


だと。




ふんっ、

と思いながら しぶしぶそのまま 出かけました。




正直、帰ってきて
また居たらどうしよ・・・という思いでいっぱいでしたが、



戻ってきたら、









いませんでした。








どこかに隠れてるんじゃないかと思い、ものすごい勢いで台所を探したけど居ない。
たぶん、ちゃんと窓から出ていってくれたんだと思います。





そう。そしてわかったんです。



私、以前にヒーリングのセッションを受けたときに、


「あの人を傷つけたくないんです」って


ずっと繰り返し言っていた。



でも、ただ 台所に入ってきただけのゴキブリには殺意さえ覚えた。



一体なんなんだろう???



自分が嫌なこととか、欲しいものとか、そういうものはワガママでいいんだな ってわかる瞬間でした。



人を傷つけたくないって・・・言い訳にしか過ぎない。
前に進むことを恐れているだけ。手放すことを恐れているだけ。



そう。傷つくのは本人の選択であり、私たちには関係ありません。


ワガママでいいのよ。






そんなことを教えてくれた、ゴキブリちゃんには、御礼を言いたい。
でも、もう来ないでね・・・












0 件のコメント:

コメントを投稿