2010年9月19日日曜日

悪魔ヒーラー宣言

二元論という概念。


これ、私たちの生活の中で、けっこう主要な考え方だと思います。


陰と陽
論理と感情
男性と女性
太陽と月
天と地
天使と悪魔
光と影

・・・

常に、対極があるという考え方。





誤解を恐れずに言うと、私はこの考え方が好きではありません。

というか、そもそもの陰陽論の本質と、私たちが思っているものが離れてしまっているのだと思うのですよね…。





陰陽って、それぞれがあるからこそ、完全なるものとして存在する。
少なくとも、私はそう思っている。


太陽と月があるからこそ、地球の神秘というものが存在する。
男性と女性がいるからこそ、子孫の繁栄やいろんな素敵な出来事がある。


そんな感じ。



だから、敵と味方みたいな考え方で、
どちらかを否定しようとすると、あまり良いことにはならないと思います。


議論をし始めると深い話になると思うけど、例えば地球温暖化。



世間では、これは人間が引き起こしたもののように論じられている。
だから、人間は地球にとっては悪いものになる。要するに、ウイルスと同じ。
突き詰めて考えていくと、極論としては 人間は地球にとっていらない存在になる。


それって、変じゃない?
だって、じゃあ、なぜ 創造主は人間というものを創造したんでしょう????



だから、私はどちらか一方を強く否定する考え方が嫌い。




さて、突然ですが、


私は過去の人生で悪魔と契約をし、散々悪事を尽くした経験がありました♪



シータヒーリングでは、この悪いスピリットとの契約が、今の自分の人生を苦しめていることがある。
そういった場合には、悪いスピリットとの契約を解除しましょう、というのがあります



だから、私は 自分が参加したシータヒーリングのトレーニングで、この悪魔との契約を解除してくれようとする ヒーラーさんたちに何度もお会いしました。


「悪魔との契約がありますね」


って、言われます。



そうよ。私、悪魔と契約しているの。



・・・でもね、ぶちゃけ、それで何も困ってないのよ(笑)・・・





要するに、皆さんの中では、「悪魔は悪いもの」であり、悪魔を否定するモードに入っているわけです。だから、悪魔と契約が解けない (かわいそうな?)私を助けてくれようとする。



でもさ、それって有難迷惑なのよね。


解放のためのダウンロードをしてもらうたびに、私についている悪魔たちが余計に喜ぶのです。



「お前には、無理だよ~ん♪」



ってね。
正直、私もそれを見ていて楽しかった。だって、お友達なんだもの。



そして・・・

散々、この自分のスタンスを否定され、さすがに滅入っていたある日。



私は、創造主に自分で聞いてみたんです。
私は、悪魔たちを守ることに執着してはいないか?
悪魔の存在は、悪いものではないということを 証明することに。。。



そして、「悪魔の存在について、その定義を。創造主が始めて悪魔を創ったときの定義を教えてください」って頼みました。


(別のヒーラーさんに、そのダウンロードをお願いしたら、「そんな恐ろしいこと出来ません!」と言われて断られたので、自分でやりました・・・笑)



そしたら・・・創造主は こんなシーンを見せてくれたんです




天使と悪魔たちが楽しそうに、一緒にダンスをしているではありませんかっ!!





これまでに、否定され続けてきた私。けっこう傷ついていたみたいで、嬉しくて涙が出ました。



そして、そんなこんなでしばらく私と悪魔との契約は続いていたのですが。



先日、その悪魔ちゃんがやってきて、



「もう、僕と君は友達になれるよ。対等だ。だから、契約はもういらないよ。ずっと一緒だからね」



と言われ、めでたく契約は解除されたのでした。





そう。

私は、悪魔という存在の本質を理解できた気がする。

そして、彼らがどのように考えて、どのようにして存在しているのか、それを肌身にわかる気がします。



だから、たぶん ヒーラーとしての私は、純白ではないと思う。限りなく、グレーに近い。創造主の愛もわかっているつもりだけど、悪事を働くことがどういうことか、過去生において経験しているのだから。


でも、悪魔の存在がわかって、だからこそ 世の中に「統合」という概念があったり、敵と味方を超越した概念を持つことの大切さを、少なくとも理解できるのではないかと思う。



それが、ヒーラーとしての、私の誇りです。



そうよ。悪魔と仲良くして何が悪いのよ。
クラスに1人か、2人 悪ガキがいたでしょ。そんなもんよ。
(扱いには、十分注意しないといけないけどね)


※ これは、悪事を擁護するような内容ではありません。念のため。



6 件のコメント:

  1. 小島先生初めまして。
    ブログを読んで、先生が昔悪魔と契約して悪事を尽くしたという所で、
    「素晴らしい先生なのに、こんな過去が!」と刺激的に思う面もありながら
    どこかホッと安心した自分もいました。

    今までわたし自信のやってしまった小さい悪事に
    クヨクヨいつまでも考え込んでしまうクセがあったんですが
    善も悪もわたしの中にある両面性だったんだと気づかされて
    何だか解放された気分になれました。
    悪事は何も「悪い」ことではないんですよね。
    思えば因果応報論に取りつかれ過ぎていたのかも…

    母親がケイオスマジックにハマってて、
    わたしに「やってみないか?」と誘ってきてました。
    ずっとモヤモヤしてましたが、先生のブログを読んで踏ん切りが着いた気持ちです。
    ありがとうございました!

    返信削除
  2. 先生だなんて…!恥ずかしいのでやめて~(笑


    そうですね。いろいろと試してみるのもアリだと思いますよ。
    この手のものは沢山ありますので、自分で納得してやることが重要だと思います☆


    何かあればいつでも聞いてくださいね

    返信削除
  3. 小島さん、初めまして。
    Toshi@Yamatoと申します。

    勇気ある情報発信ありがとうございます。

    知り合いで、悪魔関連の影響を受けている人がいて
    情報を探していたところ、こちらの記事にたどり着きました。
    記事にインスピレーションを得て、神仏にエネルギーを捧げて悪魔/魔物の贖罪を祈願したところ、解決の糸口が見えました。

    まだ、接触した数は少ないですが
    ヒアリングした範囲だと、一般に思われているような悪しきものではないみたいですね。
    あと、勝手で申し訳ないのですが
    小島さんの隣人の悪魔さんにもヒアリングさせていただきましたが
    贖罪を祈願する必要もないくらい良好な状態でした。
    神仏も1柱ついていらっしゃるようなので、まさに陰と陽が統合した状態ですね。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。

      既に これを書いたのは5年前で、私もずいぶんと ヒーラーとしてはおばさん?な気分になっていたので、こんな時代もあったのだな… と恥ずかしく、面白く自分の記事を読みました。

      何らかお役にたてたようで嬉しいです。

      削除
    2. 小島さん

      コメントありがとうございます。

      とりあえず、先日から試している方法で何とか、当人に害意を与える系の悪魔/魔物に対しては、離れていただけることが確認できました。
      今後、出戻りがないか観測中です。

      あと、この方法(悪魔/魔物の悪いカルマの軽減と害意の解消を祈る)は神仏も喜ばれるみたいで、実施直後の数十分~数時間は普段はあまり縁の無い神仏が身近で守護をしてくださるようになりました。
      もっとも、私自身、今のところ見る聞く能力は無いので、ダウジングの値だけの話ですが。

      削除
  4. 拝読させていただきました。
    悪魔と契約するにはどうすればいいのでしょう?
    ゲーティアだのケイオスマジックだのはどうも幻覚遊びにしか思えなくて...教えていただけませんか?

    返信削除