2010年7月12日月曜日

もう、振り回されたくない! じゃあ、どうしたら?



周りの出来事や、人に振り回されてイライラした経験。


こういうのって、誰にでもあるものですよね。

私の場合は、特に 20代の時は酷かったなって思います。あまりにも腹が立って眠れないとか。

ある人からの一言が、頭をぐるぐると巡ってしまい、気付いたら だんだん窓の外が明るくなっていた…。
そのままブルーな気分を引きずって仕事をしてしまう ってな感じ。


今では、そういうことはなくなり、(おそらくその時の私を知っている人がみたら、びっくりするほど) 穏やかになった気がします。





最近、「話すのが遅くなった」と言われるのですが、それは仕事がら?ということもありつつ、やっと落ち着きというものを理解できるようになったんだな~ なんて自画自賛(笑)



そしてそして。

人から言われたこと、自分の身に降りかかる出来事。


こういったものに振り回される大きな理由として、



他人と自分の境界線が明確でないから。



っていうのがある気がするのですね。



自分のことで恐縮ですが 最近 一番 の自分の課題となっていたのは、


エネルギー体 (天使や浮遊霊、宇宙人?) と、自分との境界線。
目に見えないものであるからこそ、 どこからが自分でどこからがその他のものなのかが不明確になる…。なんとなく、自分の体が乗っ取られそうな恐怖に駆られることもありました。



そう。

だから、自分の体、自分の輪郭をしっかり持っていることが重要なんです。
特に、スピリチャル的に。



私たちスピ系(?)の世界では、グラウンディング(参考までにこちらをクリック) と呼んだりします。



自分の魂が、しっかりと自分の体に入っていること。
そして、自分の足が 地についていること。地球のエネルギーを感じられていること。



「地に足がつく」


という言い方をしますが、
やはり 振り回されない人というのは、自分の体の中に、自分の魂が入っている。だから、人に何をいわれても、変に攻撃されたり、心ここにあらず という状態にならないわけです。



英語でも、 "Get carried away" という言い方をするのですが、
これって 「どこかへ飛ばされて行ってしまう」という意味合い。感情的になって、おかしなことになったときに 利用する表現。



実は、自分の居場所がなかったり、何をしたらよいかわからなくて、ただ焦っているとき。そう言う時には、十中八九 グラウンディングが出来ていません。いわゆる、落ち着いていないという状況なんです。



例えば、同じ出来事が起こっていても、落ち着いている人と、焦っている人がいますよね。

最もわかりやすいのが、遅刻しそうな時。実は、落ち着いていても、焦っていても電車が到着する時間は変わりません。(もっと言うと、本当は落ち着いて「絶対に間に合う」と思っていると、妙につじつまがあってしまうことの方が多いくらいです)



皆さんは、体の感覚にどの程度意識を向けていますか?
これって、毎日少し意識するだけで、各段に 変わってきます。



怒りや焦りがあるとしたら。
それって体のどこで感じますか?

マイナス感情そのものがあることは悪いことではない。それに、振り回されるのが疲れる要因になる。
だから、感情そのものが体のどこから出てきているのかを把握し、自分の体と自分の感情、自分の魂を同じ場所に感じてあげることが重要なのです。



体の中心、いつもどこで感じていますか?
きちんと感じられていると、おそらく 丹(いわゆる 第三チャクラ)のあたりに力が入っているはず。




こういうこと、意識をしていると たぶん、振り回されにくくなる。



意識を外にではなく、うちに向ける。
これ、できるようになると 大きな安定感を手に入れることができると思います☆



・・・私も、まだまだ修行中ですが。

0 件のコメント:

コメントを投稿