2010年6月23日水曜日

カメと私の物語

3年ほど前。


麻布十番祭りの 「カメすくい」でとってきた カメがいました。


お祭りでとってきた生き物は、けっこうすぐに死んでしまいますよね。一度、とってきた金魚がその日に死んでしまって、妙に落ち込んだ記憶がありますが・・・。

でも、このカメは 長生きでした。
ちゃんと冬も乗り越え、 (カメは冬はほぼ冬眠状態なので、ほとんど ご飯が要りません)、しばらくこのまま成長するのかなぁと思っていました。


そういえば、とってきたばかりの頃。
「カメにはバイ菌があるから、危ない。返してきなさい」と母に言われた記憶があります(笑) 小学生みたい!


そんなカメさんに、

「カシオペア」

という名前をつけて けっこう大事に育てていました。カシオペアは、「モモ」に登場するカメのお名前をもらった。ミヒャエル・エンデ、とても好きなんです☆

モモ では、カシオペアは甲羅に文字が浮かんできます。
それで言葉を話す。なんとも、素敵じゃないですか。


その時は、今のような霊的な能力は解放されておりませんでした。時々、何かを感じる程度。ですが、不思議な出来事に対する免疫?のようなものはあったんだと思います。


ある春の日。


朝のご飯をあげようと、いつものサラダボウルの中をみると、カシオペアがいなくなっていたのです!!
(実は、ずっといらなくなったサラダボウルに入れていたのですが・・・)



「えっ!?」



えーっと。これは、石でしょ。これも石…。これも。
カシオペアはどこ!? 



どこを探してもいない。

マンションは6階だから、窓を出ても落ちて死んでしまうだけ。
でも、窓を開けて逃げることは普通に考えてありえない。というか、そもそも あの壁を登ったってどういうこと?


ベットをひっくり返したり、「こんなところまでこないよなぁ」と思うところまで全部探した。
ても、何をしても。どこにも見つかりませんでした…。


もしかすると出てくるかもしれない…と思い。
カメのご飯はしばらく持っていたのですが、やはり現れませんでした。



寂しくなったので、カメのグッズだけ妙に増え続けていった。今では、カメの置物だけでも5つくらいあるんじゃないか・・・(笑)


しかし、それから 妙に カメにご縁が。

インドのビジネスを始めようとしたときにも、良く覚えています。カメの話題が良く出てきた。左の写真のカメも、インドで買ったものです。


なによりも、カメといえば、モルディブ…。
あまり考えることなく、なんとなくいったモルディブと縁が深くなったのも、なんだか感慨深い感じです。




・・・そして。


実は、ずっと気になっていた。 

もしかして、あのときに逃げ出したカメが、最後に干乾びて出てくるのではないか。とても怖い。


今日の引っ越しの時。

引っ越し屋さんにも、「もしカメの甲羅が出てきたら教えてください」って頼んでました。


そして。




結局、出てきませんでした。。。






正直、ほっとしました。
どこかへワープした(笑)という話のほうが、なんとなくしっくりくる・・・。

死骸になって出てきたら、あまりにも悲しい。





あの時のカシオペアは、今どこにいるのかわからないけど。
でも、どこかで 生きていて。或いは、別の、もっと大きな存在に成長している感じもする。


巡り巡って、きっとまた会える気がする☆



そして、さらにカメ ぐっずが増えていきそうな気がします (笑。



3年越しの不安が解消されて、きっと今日は新居で 良く寝ることができそうです

0 件のコメント:

コメントを投稿