2010年2月9日火曜日

心を開くと・・・






物事がうまくいかないとき。
それって、自分にとってどのような状況を意味しているでしょう。




努力が足りないからとか、やるべきことができていない、たまたま運が悪い…。いろいろなことが想像できると思います。解釈は人それぞれだし、どう行動するのかも自分次第です。



私は、「物事がうまくいかない」という状況というのは、自分自身に対する強いメッセージが発信されているときだと思っています:



そろそろ卒業する時期が来ている




ということか、或いは




自分の本気度が試されているとき






同じことを何度やってもうまくいかない。どんなに努力しても良い結果が生まれない。これって仕事だけではなくて、家族や人間関係、なんにでも当てはまると思います。



頑張っていてもうまくいかない。
そういうときには、同じやり方を続けていても頑張る意味を見いだせない。


フラストレーションが溜まっている状況のときには、一つの凝り固まった考えに固執していることが多いような気がします。(少なくとも、私はそうなっていますね…)



別の視点に立ったらどう?そろそろ変な努力をしたり、変なエネルギーを使うのはやめようよ、というメッセージなのではないかと思うのです。



もう一つは、自分の本気度が試されているとき。


何かを始めようとし決心した時には、ビギナーズ・ラック的に良い結果が得られることもあります。でも、やっぱり良いときがあれば、悪いときもある。そういう時、




「あなたは本当にこれがやりたいの?」



という試験を受けているのと同じではないかと思うのです。




心からやりたい事であれば、たぶんやるのですよね。そして、そうでない場合は、諦めたり、別の視点にたって考え直してみることが重要なんじゃないかと思います。




そして・・・






また最初の絵に戻るのですが…。

そろそろ諦めるべきか、もう少し踏ん張るべきか。それって、自分自身の中にしか答えがありません。だから、心を開いて、入ってくるものを受け入れるしかないのですよね。



だから、



Be Open 



心を開いていれば、何かが入ってくる。心を開いて何かが入ってくるのを待つしかない。



私の場合、やっぱりすぐに成果がほしい。
何をすべきか、ということにすぐに目がいってしまいます。はやく行動したいから・・・。
だから、これってけっこう大変なチャレンジ。


でも、心を開く。聞こえてくることにきちんと耳を澄ませる。
これって大切なんですよね。何かが見えてくることをじっと待つ。


できるようになりたいものです。






Bookmark and Share

0 件のコメント:

コメントを投稿